FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンプス

オシャレなコンポーネントが特徴のスタンプス。
「モダンアート」という有名なゲームのリメイクらしいのですが、モダンアートはやったことないです。

サマリー

価格:3800円(自分のではないのでどこで買ったか不明。すごろくやでは販売されてるようです)
評価:★★★★☆ おもしろい!
人数:3人~5人(多いほうが楽しいと思われるので5人)
1プレイ:45~60分
箱の大きさ
スタンプス
同僚宅でプレイした際に、転がっていたすごいよマサルさん1巻との比較画像。

ルール概要

手持ちの切手を競りで売りさばき、お金を稼ぐことが目的です。
お金を稼ぐには、2つの手段があります。
・競り
・ラウンド終了時に落札している切手の価値に応じてお金がもらえる

切手は5つのカテゴリがあって、いずれかのカテゴリの切手の5枚目が出品されるとラウンド終了です。
ラウンドが終わったときに、5枚出品された切手は3000円、次に多く出品されたのは2000円、
3番目に多く出品されたのは1000円の価値となって、1枚所持しているごとに価値に応じたお金をもらえます。
4番目、5番目はゴミクズ(0円)になってしまうので、何を競りにいくかがポイント。

そしてもう1つのポイントがこの価値が次のラウンドも引き継ぐこと。
つまり、1ラウンド目で1000円の価値だった切手が、2ラウンド目で3000円の価値となった場合、
なんと1枚あたり4000円の価値になってしまうのです!

切手をいくらで落札するか、という判断基準は「ラウンド終了時にいくら戻ってくるか」で
考えるとよいと思いました。

評価

まず何よりコンポーネントがすばらしい!
お菓子っぽい形のデザインがすばらしいだけでなく、日本家屋にあった小さな箱になっているのは
収納面で助かることは間違いないでしょうw
持ち運びも簡単で友達と遊ぶのも簡単ですし。

スタンプス
小さな箱に切手とお金とマニュアルがきっちり収まってます。

見かけだけでなく、ゲームも楽しかったです。
いくらくらいが適正価格なのか、というのが最初はわからなかったんだけど、
1ラウンドやれば理解できました。

切手ごとに方式は決まっているんだけど、競りはいくつか種類があって、
・いわゆる普通のオークションタイプ
みんなで値段を言い合って、最終的に高い値段を言った人が落札するオーソドックスなタイプですね。
・順番に値段を言うタイプ
時計回りに順番に値段をつけていくタイプ。1人1回しか入札できないから、最初の人は不利。
・出品者の言い値タイプ
出品者が適当な値段を言って、早い者勝ちで手を上げた人が落札。
・握り
全員で落札価格を文字通り手の中に握って、一斉に開示。一番高い人が落札
という感じになってます。
あとは2枚出品するタイプの切手がありますけど、競り方式は上記のいずれかになります。

個人的には、握りが一番楽しかった!

言い合ったりするとなんとなくその場だけでも相場観みたいなのが形成されていくんだけど、
握りはそういう手がかりが全く無いので、自分の感性のみが勝負になりますw

ゲームのルールは簡単なものの、相場観がわからないから初心者がいきなり勝つのは難しいでしょう。
2回目から味が出てくるゲームだと思います。おもしろかった!
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。