FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K2

相変わらず寒いですね!夏は活発だった地球温暖化派が息を潜め、
地球温暖化してないよむしろ氷河期くるよ派が元気になる今日この頃。
というわけで新年一発目のレビューはK2。
昨年スマッシュヒットとなったらしい雪山のゲームでございます。
去年遊んだんですけどねw

サマリー

評価:★★★☆☆ まあまあおもしろい
人数:1人~5人
1プレイ:40分くらい

箱の大きさ
K2
雪山と全くマッチしないスラムダンクとの比較です!
下にあるのはドミニオン異郷。縦幅はドミニオンよりやや短いですが
横幅がちょっと長め。
これは会社の後輩が購入したゲームなんですけど、
ちょっとこれは個人的には収納しづらい感じ。
ドミニオンみたいな30cmくらいの正方形タイプや
縦幅がドミニオンくらい、横幅がそれよりちょっと短いカルカソンヌとか
ストーンエイジくらいのサイズの箱は、いろんなゲームがあるんですけどねぇ。
サイズあわないと収納しづらいんですよね、ボードゲームって。
ナヴェガドールとか電力会社も収納しづらくて手が出ません

ルール

K2
今回はぬるいモードの夏の雪山。ボード裏面はハードモードの冬の雪山になっております。
プレイヤーはそれぞれ自分の山札から6枚の手札をとり、
2人の登山家をK2の頂上へと導いていきます。

ゲームの目的は2人の登山家をできるだけ高いところまで到達させて
かつ18日間(18ターン)生き残ること。
まずは生きることが大事なんだよ!生きていればやり直せる!

K2
写真忘れましたが、カードでできることは
酸素(HP)の回復と、移動。
移動力は1~3あるんですが、登るときは1、降りるときは2みたいなカードもあります。
酸素を管理するボードは画像の左のほうにちょこっと写ってます。

基本は手札の6枚から使う3枚を出して、コマを移動させていくだけ。
ルールは非常に簡単と言えるでしょう。

評価

山の厳しさといえば、やはり天候。このゲームではきちんと再現しています。
K2
数日間の天気予報が出ていて、黒いコマが置いてあるのが今日の天気。
今日の天気だと8000m以上だと2ダメージ受けます。明日の予報は
7000m以上で2ダメージ、という感じですね。
天気予報をきちんと見ながら計画的に登山しましょうってことです。

登山は計画的に。

もう1つルールがあって、むしろこっちのほうが厳しいんですが、
頂上に近づくに連れて、1エリアに留まれるコマの数が減っていきます。
頂上とその手前とか1人ずつしか入れません。
K2
必然的にこのような渋滞が発生w
移動力さえ足りていれば、通過はできるんですが、頂上では1マス動くだけでも
結構移動力を消耗してしまいます。
頂上付近でテントを張って体力の消費を抑えますが、
それでも天気が悪くなると死が近づいてきてしまいます。

攻めるか諦めて下山するか。

この判断が重要なゲームなんですね。
私はというと、下山途中で邪魔してやろうと思ってとどまっていたら
逆に私だけ死ぬという結果にw
ハンパはよくないですね、何事も。

頂上に近づくにつれてだんだんと判断がシビアになっていくところが
おもしろかったです。ただ、テーマがテーマなだけに地味です。
人数多いほうが頂上付近のカオス感がアップするので、
マックスのほうが楽しいんじゃないかと思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。