FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力会社

先日、会社の同僚とゲーム会を開催しました。
いろいろプレイしたのですが、とりあえず会社の後輩が持ってきた電力会社のご紹介。

サマリー

評価:★★★★☆ おもしろい!
人数:2人~6人
1プレイ:2時間

電力会社
箱がめちゃくちゃでかいです。
手前はスラムダンク1巻。下にあるのはドミニオン異郷の箱です。
横幅はドミニオンより数センチ小さいですが、縦が1.2倍くらい長いという。
ボードゲーム全般について思うのですが、日本語版出すのなら
日本の家の仕様にあわせて箱も小さくしてもらいたいところ。

ルール

今回は3人でアメリカマップをプレイ。
電力会社
ボードの裏面はドイツマップなんですが、やっぱりある程度地図が頭に入っているほうが
楽しいと思ったのでこちらをセレクトしました。
人数によって使う区画が異なります。今回はだいたい左から半分くらいを使用。

ゲームの流れは以下のような感じでした。
1.発電所オークション
普通の競りですね。1ラウンドで、各プレイヤー1つだけ発電所を競り落とせます。
最初はレベルの低い発電所しか買えないのですが、だんだんレベルが上がっていくと
発電量が上がって行きます。

2.資源購入フェイズ
発電所によって異なりますが、発電には風力を除けば資源が必要です。
・石炭
・石油
・ゴミ
・プルトニウム
と4つの資源があります。資源を買わなければ発電できないんですが、
資源を買うほど単価が上がっていって、あんまり儲からなくなるという寸法。

3.建設フェイズ
一定量の家を建てて、その全てに発電できると勝利、というのが基本ルール。
しかしこの建設が陣取りになっております。
1軒目は安く建設できるのですが、すでに他の誰かが建設済みのエリアに
建設すると、建設費用が高くなるのです。

最後に発電をして、お金を稼いで次のラウンドへ、という流れです。

評価

非常に悩ましいです!
常にお金はカツカツ!現実の電力会社はもっと楽して稼いでるだろ!と言いたいレベルw

このゲームを1回やって感じたポイントは以下のようなこと。

・発電所を買い換えるコストはかなりムダ
1つ買ったら、なるべく引っ張ったほうがいい。
今回私は惨敗したんですが、発電所を買い換えるスパンが短すぎました。
住民が何を言おうと、長く稼げる発電所こそがベストなのです!

・ニッチな資源で発電
誰も資源を買わなければ、どんどん安くなっていきます。
ということは誰も買わない資源で発電したほうがコストが安いわけですね。
原発は発電コスト高すぎました・・・

・どんどん家を建てまくることにお金を使う
発電量が足らないとかそんなことを気にせず建設しまくったほうがよさそうです。
発電量が足らないなら計画停電すりゃいいじゃない、という世界観なんでしょう。
後から参入すると建設コストが増えるということからも、
ガンガン建てるほうがいいというのは正しそうな気がします。

電力会社
というわけで初プレイで大惨敗したわけですが、もう一度やりたいと思いました。
考えどころは非常に多いですし、人数が増えるほどダウンタイムが長くなりそうなので
3人くらいがベストな人数な気がします。
どうしても長考したくなるタイプのゲームですし、
頭がすごく疲れるのでさすがに1日に2回以上やりたいとは思いませんがw

余談ですがお金のやりとりが結構面倒なんで、iPad版出して欲しいですねこれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。