スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム普及の思考実験

先日↓のような記事を目にしました。

格闘ゲーム大会がブーム 仕掛け人が人気のヒミツを語る

最近、ニコ動やustreamなどでよくスト4の大会を目にします。
カプコンがやってるのかと思いきやそうでもないんですね。
ustreamの同時接続が2万5000人を超えたとか。とんでもない数ですね、これ。

これを見てふと思ったわけです。

ドミニオンでもこういう動きができるんじゃないか?
さらに、ドミニオンをフックにしてボードゲームの普及に貢献できないか?と。

上記の記事の中では、

一つのゲームのブームはいずれ終わりますが、プレイヤー本人たちを知っていれば、新しいゲームでの対戦も継続して楽しんでいけるはず。また、幸い梅原大吾という柱がいるおかげで、“神殺し”のようなドラマも生まれ得るわけです


ウメハラというのは日本初のプロゲーマーの方です。海外でも格ゲーマニアの間では有名だとか。

ドミニオンの場合は、私は面識あるわけではないのですが、@re_neさんという世界チャンプがいます。
さらに相手にならなそうなので行ったことないですけど、ゲームスペース柏木という
強者の集団が日本にはいるわけです。
まずはこういった有名(?)プレイヤーに焦点を当てつつ、次第に魅力的な全国の猛者を
探し当てていけばいいと思うんですね。

加えて番組を盛り上げるには、ある程度語れる方が実況・解説をわかりやすく行うというのも必要でしょう。
格ゲーとの大きな差は、見栄えがしないことです。これはしょうがないですが。

これまでの格闘ゲーム大会の目的は、一番強い人を決めることだったんですね。プレイヤーのための大会だったわけです。しかし、ゴッズガーデンは観客も楽しめる大会を目指しました。特に気を使ったのは、ゲーム画面を映すだけではなく、プレイヤーをクローズアップすることでした。


ドミニオンの日本選手権はここで語られた強者を決める大会でした。
これに加えて、観客を楽しませることができれば良いと思うのです。
プレイヤーのことを知っている方々の世界選手権の時のtogetterはいい例ですよね。
観客がtwitterで非常に盛り上がってるのが後からでもわかります。

ドミニオン世界選手権

格ゲーの場合は、すごいプレイを見るのは楽しいのですが、下手なプレイヤーでは
それを再現することはできません。しかし、ドミニオンの場合はやり方を見れば、
それを再現しようとすることができます。
世界王者のプレイぶりなんて見たら、私でも少しは上達できそうな気がしてきます。

しかし、このアイディアの問題は2つあります。

1.どうしてもドミニオン知らない人には何やってるかわかりづらい
ボードゲーム全般が格ゲーに比べれば、そう見栄えのするものではないので、
これは仕方のないことです。
人がドミニオンやってる姿を、ドミニオン知らない人が見て果たしておもしろいのか?
ここを解決するのが上記の「プレイヤーにスポットを当てる」ということだと思うのですが
「ゴッズガーデン」を放送作家の方が主催しているように、
やはり映像作りに長けた人材の参加は欠かせないでしょう。

2.採算がとれるのか?
やはり事業として採算がとれるのか?というのは非常に重要です。
聞く限り、上記の「ゴッズガーデン」の収益は生観戦の費用でまかなっていて、
プロゲーマーへの賞金、会場を借りる費用、配信費用などを差し引くと、
収益はとんとんだそうです。
先日の「ドミニオン木曜会presents ~ドミニオンパーティー~」で
どの程度の収入があったのかわかりませんが、ドミニオンでこうしたイベントを
開催した場合の収入の指標にはなりそうです。

というようなところを踏まえた上で、どこかのショップなのかホビージャパンなのか
はたまたドミニオン木曜会の方々なのかわかりませんが、
誰かこんなイベントやってくれたらおもしろいのに、と思った次第でありますw
ドミニオンが廃れたら、別なゲームでやればいいですし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。