スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダーストーン

RPG版ドミニオン。そう言ってしまって差し支えないでしょう。
友人が購入したので、友人宅でこの「サンダーストーン」をプレイしてきました。

サマリー

評価:★★★☆☆ まあまあ楽しめた
人数:2人~4人
1プレイ:30~45分

箱の大きさはドミニオンと同じくらいですね。ちょっと大きめ。
もう少し小さくできると思うんですが・・・

ルール

自分の手番にできることは3つのうちいずれか。
1.村を訪問
お買い物をしてデッキを成長させたり、モンスターを倒してゲットできる経験値を使って
英雄をレベルアップさせることができます。
2.ダンジョン潜入
モンスターを倒しにいきます。21体目以降に出てくる秘宝サンダーストーンを
ゲットすることがこのゲームの目的です!
3.休憩
いらないカードを1枚廃棄できます。礼拝堂いらずでこりゃ便利!
しかし休憩という言葉とカードの廃棄という言葉がマッチしないw
使えない英雄(初期の民兵とか)に長い休暇を与えるイメージなんでしょうかね・・・

その他ドミニオンと大きく違うところは、手札が6枚であること。
サプライは、モンスター3種、英雄4種、村カード8種をそれぞれ選ぶこと。
モンスターが勝利点となっている(レベルの高い英雄も勝利点ですが)といったところでしょうか。

評価

今回はすごろくやで売っている、ドミニオンステージを使っています。
カードの種類が多いので収まっていませんが。

サンダーストーン

ゲームとしては冒頭に書いたように、ドミニオンをRPGにしてみました、という感じ。
カードのアイコンが多くてわかりづらい部分があるので、ドミニオン未経験者は
ちょっと馴染みづらいかもしれません。
ドミニオン経験者であれば、アイコンと手番にやることさえ理解すれば、
2巡目までにある程度把握することができました。

ダンジョンでの戦闘の処理が若干面倒ではありますが、結構楽しめました。
こういうファンタジーの雰囲気と、デッキ構築系が好きな人にオススメです。

ただ、1つだけ文句があるとすれば、収納のひどさ・・・
一応少し大きめのカードが仕切りとしてついているんですが、箱もそもそもでかいし
ドミニオンみたいに箱の機能として仕切りを提供するとか、
もう少しやりようがあったんではないか、と。
というわけで少し準備が面倒なので、誰かパンツキット作ってくれないでしょうかw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。