FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺言/Last Will和訳ルール公開

遺言
叔父の遺産を全部使いきって借金生活を目指そうぜ!というバカゲー「遺言」(英名:Last Will、ドイツ語名:Der letzte Wille)の和訳ルールを公開しました。
どうやら今週末のゲームマーケット2011秋で、バネストが輸入するみたいですね。
画像はいつもどおりBGGから。

遺言の和訳ルール

例によって私の翻訳レベルは高くないのでアレですが、だいたいのルールは把握できるかと思います。
例示や画像がやたら多いので少し長くなっているので簡単に解説。

遺言

・勝利条件
すべてのお金を使いきって、借金生活に突入したらそのラウンドで終了。
借金生活にならなかったら、7ラウンドでゲームは終了。
一番お金を持っていない人が勝利というアホなルールですw

・ラウンド
ラウンドはラウンド開始時の処理を除いて、3つの要素で構成されています。
1.プランニングフェイズ
自分がそのラウンドでカードをどれくらい引いて、どれくらいアクションを使うか、
召使をどれくらい使うか、またこのラウンドの今後のプレイ順がここで決まります。

2.召使の配置
召使を使います。不動産価値を変えたり(自分の持ってるのを下落させたほうがいいw)
特殊なカードを拾ってきたり、オペラに行かせてあげて無駄遣いできます。

3.アクションフェイズ
手持ちのカードを使います。自分のボードをそれぞれ持っていて、
このボード上にプレイしていきます。カードは不動産を買ったり、遊びに行ったりというのが基本。
この時に、詐欺師みたいな人々のヘルパーカードや、ゲストなどの仲間カードを使って
追加の無駄遣いができますw

以上を1ラウンドとしてお金がなくなるまで繰り返すというわけ。

遺言
非常にアホらしくて、日常生活ではできない無駄遣い体験ができるということで
ルールはちょっと長いですけどおもしろそうだなと思いました。
しかし、BGGのこの画像を見て、購入を断念。プレイスペースがかなり必要そうです・・・
我が家はコタツ机でゲームをしているので、広いスペースが必要なのはちょっときついんです。
コタツでゲーム。冬はこれが最高なのですw

遺言
言語依存はほぼありません。しかし、カードには名前がついていますので、
無駄遣いの雰囲気も味わうのであれば、ドイツ語より英語版を買ったほうがよさそうです。
スポンサーサイト

テーマ : カードゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。