スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨今流行したボードゲームの傾向

2011年もあとわずか。ということで、昨今流行したボードゲームの傾向、なんてものを
自分なりの解釈でまとめてみようかなと思います。
年も終わりだしなんとなくまとめ的なものをって感じですね。

まず今年ボードゲーム好きな方がたくさん楽しく遊んだゲーム、
ということで日本版The One Hundred 2011を振り返ってみましょう。
詳細はリンク先のTGIWさんを見ていただくとして、トップ3は以下のような顔ぶれ。

【日本版The One Hundred 2011】
1.カタンの開拓者たち(01→)●
2.ドミニオン(02→)●
3.世界の七不思議 ★●


まあぶっちゃけ私は全部はプレイしたことはないんですが、
カタン・ドミニオン・七不思議あたりには共通点があると思うのです。

それはリプレイバリューが高いこと。
この3タイトルのリプレイバリューが高いのは、単純におもしろいとか
そういうことはもちろんあるんですが、なぜリプレイバリューが高いか、という点です。

この3つに共通しているのは、プレイするごとに状況が変わる
からリプレイバリューが高いと思うのです。
いろんな勝ち筋のあるゲーム、というのは結構見かけますが、
プレイするごとに状況、前提が変わるというのが3タイトルの特徴じゃないかと。

つまり、カタンで言えば毎回カタン島の地形が変わります。
ドミニオンで言えば毎回サプライが変わります。
七不思議は上2つに比べれば弱いかもしれませんが、自分と両隣の文明が毎回変わります。

この中で一番多くの人に伝わりやすいのはドミニオンでしょうか。
ドミニオンの基本ルールは、手番中にアクションカードを使ってその後買い物をする。
最終的に勝利点をかき集める、というのがゲームの目標です。
サプライが毎回変わるので、どうやって勝つかというのは毎回変わってくるわけですね。
だから何回でも遊べる、と。

ちょっと前のゲームだと(カタンはちょっと前どころじゃないですが)
他のプレイヤーの行動によって状況が変わる、というところでとどまっていました。
しかし上位に入る3タイトルは、ゲーム開始時点の状況も毎回違うわけです。
そりゃあヘビーローテーションで遊ばれるわけです。

それにこのタイプのゲームの特徴だと思うんですけども、
攻略できる深さがハンパないわけですね。やりこみ度が高い。
毎回ゲーム始める時点での状況が違うわけですから、
同じ戦術も状況が変われば通用しないことが出てくるわけです。
いろんな攻略法が出てくるので、自然と何度でも遊びたくなる、と。

おそらく来年もこうしたゲームが流行する風潮は続くでしょう。
デッキ構築系は個人的にドミニオンを超えるものはでてこないと思うんで、
七不思議もそうでしたが、違った系統のゲームが出てくることを期待したいですね。
キングダム・ビルダーなんかはこのタイプに乗っかった陣取りゲームで
これが大賞とか取れるのか気になるところです。
スポンサーサイト

アサラ

2011年ボードゲーム大賞ノミネート作品のアサラをプレイ。
これも会社の後輩が購入したもの。
塔を建てようぜ!たくさん!でかい塔を!というゲームです。

サマリー

評価:★★★☆☆ まあまあおもしろい
人数:2人~4人
1プレイ:40分くらい

箱の大きさ
アサラ
ドミニオン異郷の箱より数ミリ大きいか同じくらいか、という大きさです。

ルール

アサラ
ゲームの目的は塔を作って勝利点を獲得する、というもの。
各ラウンド終了時に勝利点を稼ぐ方法は以下の通り。
・塔1個につき1点
・塔の紋章1つにつき1点
・スタートプレイヤーに1点
4ラウンド目(最終ラウンド)終了時にはこれに加えて、
・5色の塔それぞれについて、一番高い人と二番目に高い人に得点
・一番高い塔、二番目に高い塔を建てた人に得点
・塔を多く建てた1位、2位に得点
というような感じになっております。
得点については、各プレイヤーの衝立に書いてあってわかりやすいですね。
言語が何も書いてないので、読み方だけは最初に共有しないといけませんが。
アサラ

手番ではカードをワーカーとして配置します。主にやれることは
・塔のパーツをゲット
・塔を建てる
・金を稼ぐ
・スタートプレイヤーをとる
の4つ。塔のパーツも中間が2種類に土台と頭と4種類あったり、
とり方も場のものをとったり、お金を払って山札からとったりなど細かいところはありますが省略。
だいたいこんな感じのルールです。

評価

アサラ
とりあえずでかいです。コンポーネントを広げると、90cm×90cmのテーブルを
まるまる占有します。テーブルの小さい家ではプレイが難しいかもしれないです。

ゲームとしてはよくまとまってます。インタラクションもあります。
例えば誰かが緑のおっさんのカードで塔の土台をとったら
そのラウンドで塔の土台をとるには、緑のおっさんを出すか、
他の色のカードなら2枚出さないといけないという感じです。
建設も最終ラウンドなどは一気に建設したいですが、
先に他のプレイヤーに建設されたらうまく建てれない状況になりますし。

つまらないゲームではないのは間違いないです。それなりに楽しめます。
しかし最大の問題は地味なこと。

お金は一見カツカツなのですが、毎ラウンドもらえるのでなんとかなります。
序盤からガンガン塔を建設しまくれば、割りと勝てました。

しかしですね、この塔を建てるっていうところにイマイチ爽快感を感じないのです。
やってることは塔のパーツの奪い合いがメインで、
あんまり建設してやったぜ!という感覚がないのが問題のように感じます。

正直塔のパーツよりは属州でも奪い合ったほうがおもしろいと思いました・・・
よくできてるんですけどね・・・

電力会社

先日、会社の同僚とゲーム会を開催しました。
いろいろプレイしたのですが、とりあえず会社の後輩が持ってきた電力会社のご紹介。

サマリー

評価:★★★★☆ おもしろい!
人数:2人~6人
1プレイ:2時間

電力会社
箱がめちゃくちゃでかいです。
手前はスラムダンク1巻。下にあるのはドミニオン異郷の箱です。
横幅はドミニオンより数センチ小さいですが、縦が1.2倍くらい長いという。
ボードゲーム全般について思うのですが、日本語版出すのなら
日本の家の仕様にあわせて箱も小さくしてもらいたいところ。

ルール

今回は3人でアメリカマップをプレイ。
電力会社
ボードの裏面はドイツマップなんですが、やっぱりある程度地図が頭に入っているほうが
楽しいと思ったのでこちらをセレクトしました。
人数によって使う区画が異なります。今回はだいたい左から半分くらいを使用。

ゲームの流れは以下のような感じでした。
1.発電所オークション
普通の競りですね。1ラウンドで、各プレイヤー1つだけ発電所を競り落とせます。
最初はレベルの低い発電所しか買えないのですが、だんだんレベルが上がっていくと
発電量が上がって行きます。

2.資源購入フェイズ
発電所によって異なりますが、発電には風力を除けば資源が必要です。
・石炭
・石油
・ゴミ
・プルトニウム
と4つの資源があります。資源を買わなければ発電できないんですが、
資源を買うほど単価が上がっていって、あんまり儲からなくなるという寸法。

3.建設フェイズ
一定量の家を建てて、その全てに発電できると勝利、というのが基本ルール。
しかしこの建設が陣取りになっております。
1軒目は安く建設できるのですが、すでに他の誰かが建設済みのエリアに
建設すると、建設費用が高くなるのです。

最後に発電をして、お金を稼いで次のラウンドへ、という流れです。

評価

非常に悩ましいです!
常にお金はカツカツ!現実の電力会社はもっと楽して稼いでるだろ!と言いたいレベルw

このゲームを1回やって感じたポイントは以下のようなこと。

・発電所を買い換えるコストはかなりムダ
1つ買ったら、なるべく引っ張ったほうがいい。
今回私は惨敗したんですが、発電所を買い換えるスパンが短すぎました。
住民が何を言おうと、長く稼げる発電所こそがベストなのです!

・ニッチな資源で発電
誰も資源を買わなければ、どんどん安くなっていきます。
ということは誰も買わない資源で発電したほうがコストが安いわけですね。
原発は発電コスト高すぎました・・・

・どんどん家を建てまくることにお金を使う
発電量が足らないとかそんなことを気にせず建設しまくったほうがよさそうです。
発電量が足らないなら計画停電すりゃいいじゃない、という世界観なんでしょう。
後から参入すると建設コストが増えるということからも、
ガンガン建てるほうがいいというのは正しそうな気がします。

電力会社
というわけで初プレイで大惨敗したわけですが、もう一度やりたいと思いました。
考えどころは非常に多いですし、人数が増えるほどダウンタイムが長くなりそうなので
3人くらいがベストな人数な気がします。
どうしても長考したくなるタイプのゲームですし、
頭がすごく疲れるのでさすがに1日に2回以上やりたいとは思いませんがw

余談ですがお金のやりとりが結構面倒なんで、iPad版出して欲しいですねこれ。

Kingdom Builder王国の建設者カード和訳

先日Spiele-Offensive.deでまた会社の同僚と共同輸入をしました!

Spiele-Offensive.de

髑髏の薔薇、Dixit2、フェレータ、ゲシェンク、Kingdom Builder(キングダムビルダー)を購入しました。
やはり目玉はヴァッカリーノの新作Kingdom Builder!

早速開封してみたのですが(まだ遊べてませんが)、
王国の建設者カード以外は言語依存なし。
しかし逆に言えば、王国の建設者カードが日本語でないと遊びづらい。

というわけで日本語化してみました。

Kingdom Builder 王国の建設者カード日本語版

とりあえずカード10枚を適当に並べて、適当に日本語を入れただけなので
サイズも微妙だったり切り取りづらいとは思います^^;
しかし、日本語はnagamineさんのすばらしい翻訳を使わせていただいたので
中身はバッチリであります!

サイズがぴったりではないので、シール化するのはオススメできません。
ですがスリーブに入れればちゃんと使えます。

キングダムビルダー

週末には遊べそうなので待ち遠しい・・・

できる男のドミニオン最善の初手~錬金術編~

isotropicに学ぶ「できる男のドミニオン最善の初手」シリーズです。
今回は錬金術です。実は錬金術だけはプレイしたことがないのです・・・
が、やはりリリース順にやってきたのでとりあえず掲載。

ちなみに過去のものを見たい方はこちら。
できる男のドミニオン最善の初手~基本編~
できる男のドミニオン最善の初手~陰謀編~
できる男のドミニオン最善の初手~海辺編~

錬金術といえば、評判がいいのは鋼くらいなもので、ドミニオン~錬金術~も
やっぱり嫌われてるようですね。
ポーションが必要なカードが多いせいだと思いますが、
初手で後々に良い影響を与える組み合わせが4つしかありません!

できる男のドミニオン最善の初手~錬金術編~
レベル カード1 カード2 1ターン目 2ターン目
Level +3 弟子 礼拝堂 5 2
Level +2 魔女 薬草商 5 2
Level +2 ポーション 礼拝堂 4 2
Level +1 弟子 5 2

弟子礼拝堂も廃棄するカードなので
効果がかぶってあまり有効に見えないのですが、これが一番マシなようです。
弟子で屋敷廃棄後2ドローで、弟子の+1アクションからの礼拝堂で、
確かに一気に圧縮は進みそうなのですが、本当に有効なんでしょうか?
錬金術やりこんだ方、教えていただければ幸いでございます。
とりあえずホビージャパンが錬金術再販してくれたら試してみたいと思います。

続きを読む

できる男のドミニオン最善の初手~海辺編~

基本編陰謀編に続いて、isotropicのcouncil roomに学ぶ
できる男のドミニオン最善の初手~海辺編~をお届けします。

さすがに陰謀との組み合わせまで入れだすととんでもないことになるんで、
今回は基本との組み合わせに絞りました。
これさえ覚えておけば海辺デートはバッチリ!?
というわけでいってみましょう!

続きを読む

できる男のドミニオン最善の初手~陰謀編~

では、早速前回の基本編に続いて、isotropicのcouncil roomに学ぶ
できる男のドミニオン最善の初手~陰謀編~をお届けします。

今回は陰謀のみ、基本と陰謀の組み合わせの2パターンを想定しており
有効とされる組み合わせだけでもなんと85種類。
こりゃ覚えきれませんw
とりあえずレベルの高い組み合わせだけ頭に入れておきましょう!
長いので今回は追記に。

続きを読む

できる男のドミニオン最善の初手~基本編~

isotropicというサイトをご存知でしょうか?
海外のネットドミニオンサイトです。ここでは毎日2万試合近く行われていて、
通算で400万試合近く行われています。そのisotropicに、council roomというのがあって、
何かというといろいろな統計データを公開してるサイトなのです。
そこに"best and worst openings"という初手に関する考察データがあったので
日本語にしてわかりやすくまとめてみました。

ドミニオンといえば人気ゲームですから様々な場面でプレイすることがあるでしょう。
その時に初手で「こいつできる!?」と思わせれば商談も成立、恋も実ることでしょう。
どんな場面でドミニオンしてるのかさっぱり全くわかりませんが。
要するに「勝ちたいんや!」という時にどうすればいいのか?
なかなか最初はわかりませんよね、これが。
統計的にそれを知っておけば、何を優先してとればいいのかがわかるという寸法です。

今回は基本編。陰謀編海辺編などと続いていくのかは私の気分次第ですがw
とにもかくにも、できる男の初手を紹介していきましょう!

できる男の初手
レベルカード1カード21ターン目2ターン目
Level +7 魔女 礼拝堂 5 2
Level +5 研究所 礼拝堂 5 2
Level +5 市場 礼拝堂 5 2
Level +5 魔女 - 5 -
Level +4 民兵 礼拝堂 4 2
Level +4 魔女 地下貯蔵庫 5 2
Level +4 魔女 5 2
Level +4 祝祭 礼拝堂 5 2
Level +4 銀貨 礼拝堂 3 2
Level +3 鉱山 礼拝堂 5 2
Level +3 祝宴 礼拝堂 4 2
Level +3 書庫 礼拝堂 5 2
Level +3 金貸し 礼拝堂 4 2
Level +2 密偵 礼拝堂 4 2
Level +2 魔女 銅貨 5 0
Level +2 改築 礼拝堂 4 2
Level +2 民兵 銀貨 4 3
Level +2 鍛冶屋 礼拝堂 4 2
Level +2 金貸し 銀貨 4 3
Level +2 礼拝堂 3 2
Level +1 鍛冶屋 銀貨 4 3
Level +1 鉱山 - 5 -
Level +1 金貸し 4 3

見ての通り、礼拝堂最強ってことですね!
ちなみにレベルというのは最高で+8、最低で-12まであって、その後のプレイングに
良い影響を与えるものほどプラスが大きく、ダメな影響を与えるものほどマイナスが大きいというものらしいです。
また、長くなるのでこの表はプラスになる組み合わせのみ掲載しています。
とにもかくにも礼拝堂最強ということは
熟練のドミニオンプレイヤーの皆様も否定するところではないかと思います。
そして最強の礼拝堂との組み合わせで最強なのが魔女だそうです。
自分だけ圧縮して相手を邪魔してやろうってことですね!
基本ではこの2つのカードがその後のプレイングに良い影響を及ぼすようです。
初心者はよくムラムラしてしまいがち(村を連発)なんですけども
村は大した影響ないんですね。これは勉強になりました。

5-2の場合は魔女礼拝堂、4-3の場合は民兵礼拝堂

これでいきましょう。

ボードゲーム普及の思考実験

先日↓のような記事を目にしました。

格闘ゲーム大会がブーム 仕掛け人が人気のヒミツを語る

最近、ニコ動やustreamなどでよくスト4の大会を目にします。
カプコンがやってるのかと思いきやそうでもないんですね。
ustreamの同時接続が2万5000人を超えたとか。とんでもない数ですね、これ。

これを見てふと思ったわけです。

ドミニオンでもこういう動きができるんじゃないか?
さらに、ドミニオンをフックにしてボードゲームの普及に貢献できないか?と。

上記の記事の中では、

一つのゲームのブームはいずれ終わりますが、プレイヤー本人たちを知っていれば、新しいゲームでの対戦も継続して楽しんでいけるはず。また、幸い梅原大吾という柱がいるおかげで、“神殺し”のようなドラマも生まれ得るわけです


ウメハラというのは日本初のプロゲーマーの方です。海外でも格ゲーマニアの間では有名だとか。

ドミニオンの場合は、私は面識あるわけではないのですが、@re_neさんという世界チャンプがいます。
さらに相手にならなそうなので行ったことないですけど、ゲームスペース柏木という
強者の集団が日本にはいるわけです。
まずはこういった有名(?)プレイヤーに焦点を当てつつ、次第に魅力的な全国の猛者を
探し当てていけばいいと思うんですね。

加えて番組を盛り上げるには、ある程度語れる方が実況・解説をわかりやすく行うというのも必要でしょう。
格ゲーとの大きな差は、見栄えがしないことです。これはしょうがないですが。

これまでの格闘ゲーム大会の目的は、一番強い人を決めることだったんですね。プレイヤーのための大会だったわけです。しかし、ゴッズガーデンは観客も楽しめる大会を目指しました。特に気を使ったのは、ゲーム画面を映すだけではなく、プレイヤーをクローズアップすることでした。


ドミニオンの日本選手権はここで語られた強者を決める大会でした。
これに加えて、観客を楽しませることができれば良いと思うのです。
プレイヤーのことを知っている方々の世界選手権の時のtogetterはいい例ですよね。
観客がtwitterで非常に盛り上がってるのが後からでもわかります。

ドミニオン世界選手権

格ゲーの場合は、すごいプレイを見るのは楽しいのですが、下手なプレイヤーでは
それを再現することはできません。しかし、ドミニオンの場合はやり方を見れば、
それを再現しようとすることができます。
世界王者のプレイぶりなんて見たら、私でも少しは上達できそうな気がしてきます。

しかし、このアイディアの問題は2つあります。

1.どうしてもドミニオン知らない人には何やってるかわかりづらい
ボードゲーム全般が格ゲーに比べれば、そう見栄えのするものではないので、
これは仕方のないことです。
人がドミニオンやってる姿を、ドミニオン知らない人が見て果たしておもしろいのか?
ここを解決するのが上記の「プレイヤーにスポットを当てる」ということだと思うのですが
「ゴッズガーデン」を放送作家の方が主催しているように、
やはり映像作りに長けた人材の参加は欠かせないでしょう。

2.採算がとれるのか?
やはり事業として採算がとれるのか?というのは非常に重要です。
聞く限り、上記の「ゴッズガーデン」の収益は生観戦の費用でまかなっていて、
プロゲーマーへの賞金、会場を借りる費用、配信費用などを差し引くと、
収益はとんとんだそうです。
先日の「ドミニオン木曜会presents ~ドミニオンパーティー~」で
どの程度の収入があったのかわかりませんが、ドミニオンでこうしたイベントを
開催した場合の収入の指標にはなりそうです。

というようなところを踏まえた上で、どこかのショップなのかホビージャパンなのか
はたまたドミニオン木曜会の方々なのかわかりませんが、
誰かこんなイベントやってくれたらおもしろいのに、と思った次第でありますw
ドミニオンが廃れたら、別なゲームでやればいいですし。
最新記事
カテゴリ
リンク
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。